COMPANY
会社概要

トップメッセージ

社長写真

当社は、「食品廃棄物の再生利用の推進」や「環境にやさしいエネルギーの創出」を目指すJFEエンジニアリンググループの中京圏初の拠点として、2022年秋の操業開始を目指しております。

親会社であるJ&T環境㈱は、関東地区のJバイオフードリサイクルを始めとして食品リサイクル事業の全国展開を目指しておりますが、中京圏の橋頭堡が当社となります。また、事業拠点となる尾張地区は、小牧市が廃棄物リサイクル率4年連続県内1位となるなど環境への意識が高く、再生可能エネルギーの導入にも積極的な地域です。一方で、「食品廃棄物」という資源が有効活用されておらず、長年の課題となっていました。当社は、こうした地域のリサイクルニーズとJ&T環境㈱の地産地消の資源循環システム構築に向けた取り組みが合致するかたちで実現しております。

受け入れさせていただく食品廃棄物ですが、当社では、従来、肥料・飼料としての利用が難しく焼却処分されていた「プラスチックや割りばし、爪楊枝等の混入している食品廃棄物等」も受け入れ可能です。 受け入れた「資源」から丁寧に有機物のみを分別し、その有機物をメタン発酵させることにより発生するバイオガス(メタン)を発電機で電気に変え、固定価格買取制度(FIT)を活用して売電いたします。これにより、従来、焼却処分時に発生していたCO2の削減(地球温暖化防止)にも貢献でき、更には焼却処分しか手段のなかった異物の混入した食品廃棄物をメタン発酵処理に受け入れることで、食品リサイクル率の向上にも寄与することが可能です。ちなみに、一日に発電する電気は、一般家庭約3,000世帯分に相当する量となっております。

当社は、今後ますます小牧市をはじめとした尾張地区の皆様とのコミュニケーションを大切に、「地域に根差した脱炭素社会づくり」とエネルギーの「地産地消」、及びSDGsの達成に向けた「循環型社会の実現」に貢献してまいります。

今後とも一層のご支援をよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長  廣部 智己

企業情報

社名 株式会社バイオス小牧
本社 名古屋市中村区名駅3丁目28番12号
大名古屋ビルヂング30階(2023年春頃 小牧市内へ移転予定)
052-589-1821 [J&T環境 名古屋営業所内 平日9~16時]
工場 愛知県小牧市大字下末字野本398番 他(下末工業団地内)
設立 2017年3月30日
代表者 廣部 智己
資本金 6,000万円
株主 J&T環境 株式会社
※J&T環境株式会社の公式サイトへリンクしています
事業内容 廃棄物処理業(バイオガス製造)

パンフレットダウンロード

パンフレット (PDF 1.31MB)